田舎暮らしと空き家

田舎暮らしで空き家を手に入れる

田舎暮らしに憧れて、どこかに移り住みたいと思う人は結構多いものです。でもこれ、思うほどには簡単に行きません。
まず仕事の問題もあります。リタイア後なら、年金などの収入で充分にまかなえる地域かどうかも、問題になってきます。
またその土地との相性というものもあります。これは本当に感覚的なものですが、相性の良い地域というのはあるものなのです。
そんなあれこれが一段落、さてでは最初にやることと言えば、住む場所を見つけることですね。
勿論賃貸なども、都心に比べれば格段に安い家賃で借りられます。一戸建ての購入でも、これもかなりの安値で取引できることがあります。
その一戸建ての購入も、自分で建てることも可能ですが、空き家を手に入れるという手段もあります。
地域によってはかなりの過疎状態にあるので、それを解決するためにも移住を歓迎しています。
なので、住む人のいなくなった空き家の提供も、進んで行っている場合が多いのです。
実際、空き家を購入して住むというのは魅力的な手段ですね。その地域に昔からある家なら、地域の自然環境に沿って建てられているので、住んでいても安心です。
非常に魅力的なこの、空き家を手に入れて田舎暮らしという生活、でもやはり移住前に注意は必要です。

田舎暮らしをするのに空き家を購入する手段は

この空き家の探し方ですが、専門のサイトもあります。
また勿論、その地域の行政の紹介も受けることが出来ます。
加えて、もしその地域に知人がいるとか、昔住んでいたなどの場合は、地域の人の紹介でという手もあります。
サイトなどで見つけるのは簡単で、手間もかかりませんが、やはり写真と紹介文だけでは足りませんね。最終的には実見が必要になります。
行政の紹介というのは、これは一番安定したやり方に思えますが、場合によっては実態を掴みきれていない場合もあります。
お役所仕事、と呼ばれるような、実際の物件や状態をあまり見ないままの紹介も、無いわけではありません。
これも実際に見て確かめる必要があります。
そして地域の人の紹介です。これが一番確かな空き家入手手段であることは、事実です。
勿論紹介した人が保その家を証してくれるわけではないのですが、やはり地域住民の目というものほど確かなものはありません。
まあ何れにせよ、何度かは足を運ぶ必要がありますね。

田舎暮らしで空き家を手に入れる時に注意したいこと

空き家というものは、そのまま住める状態のものもありますが、殆どは手を入れなくては住めない状態のものが多いのです。
家というのは人が住まない場合、傷みが早くなります。なので空き家になってからの年数などを、最初に掴んでおくといいでしょう。
その他にも、都心などに暮らしていた人の場合当たり前だったことが、田舎だと当たり前になっていないこともあります。
特に家に関することは、これ注意が必要です。
加えて空き家という、人がある程度の期間住んでいなかった家を購入して使うのですから、いくつかのチェックポイントはクリアしておきたいですね。
まずは光熱関係です。今では勿論、電気の通っていない地域は、いくら田舎でもまずありません。その点については、まず心配はありません。
しかし長年空き家になっていた場合、それも怪しいことがあります。通電しなくてはいけないのかどうか、これもチェックしておきましょう。
給湯関係も大事です。都心で住んでいれば当たり前のように、都市ガスが通っていますが、田舎の場合プロパンであることが多いのです。
これは都市ガスに比べて結構コストがかかるので、その点にも注目してください。
また給湯器のエネルギーがガスではなく灯油だったり電気だったりすることもあります。その給湯器自体が設備されていない場合もあります。
チェックしておかないと、後々大変なことになりますね。
水回りや屋根などにも注意してください。水漏れというのは家を傷める原因にもなります。
また住みだしてから修理となると、面倒ですしお金もかかります。準備段階もしくは実見の段階で、どの程度の補修が必要なのか、確認しておきましょう。
最後に、田舎暮らしは素敵ですが、現代人に欠かせないネット環境が整備されていな、もしくはうまくつながらない地域もあります。
仕事などでネットを利用する人の場合、空き家購入の前の下調べの段階で、これを確認しておきたいですね。

場合によっては.田舎暮らしで住む空き家を無料で

普通の場合、空き家の購入という選択肢が最も多いのですが、実は無料での入手が出来る場合もあります。
憧れの田舎暮らしに住む場所ですが、勿論できるだけ出費は抑えたいものです。そんな時に、無料の空き家提供ほど嬉しいものはありません。
とは言え、そんな無料の空き家本当に住めるのだろうか、無料なんて何かあるのではないか、そう思って当然ですね。
しかし多くの場合、この無料提供の空き家というのは、ちゃんとした理由があってのことなのです。
1つは、後継ぎが絶えてしまって行政の持ち物になっている場合です。安く提供ということもありますが、住んでくれるなら無料でもと言う場合もあります。
また個人の持ち物の場合だと、住んでいないのに税金というものはかかるのです。使っていないのに、お金だけはかかるのなら無料提供をと考えるのですね。
勿論、売るだけの価値のあるというか、あまりに古い家なので売ることはまず不可能、と考えてのことです。
実際のところ、立ち腐れてしまった場合や、家を取り壊してしまった場合、更地にのほうが固定資産税は高くなってしまうのです。
なので住んでいない家でも、そのままにしてあるというケースが多いのですね。
こういった空家の場合、無料で提供されることがあります。
これをうまく利用すると、かなりの節約になりますので、積極的に探してみたいものです。
まあ無償譲渡と行っても、完全に何もかも無料というわけではありません。その土地と家が無料と言うだけで、他にはお金がかかるのは忘れないようにしたいですね。

田舎暮らしの空き家購入無料有料問わずかかるお金は

さてこの空き家を購入という場合、特に無料で提供された場合は、他にお金はかからないような気になるものです。
まあ有料で購入した場合でも、これまでにこういった経験のない人の場合、また経験があっても不動産屋任せにしていた場合、忘れがちなこともあります。
無償譲渡と呼ばれる無料での提供でも、これはれっきとした不動産の取り引きになります。
有料の場合はまず、不動産会社の仲介がありますので、それに従っていればまあ問題はありません。
不動産の譲渡や登記に必要なことも、不動産会社がやってくれますし、一括してお金の請求に関しても最初に提示してくれます。
しかし無償譲渡の場合、難しいのはここです。不動産会社ではなく、そのあ空き家の持ち主との直接取引になるのですね。
なので登記にしても譲渡手続きにしても、自分でやらなくてはいけません。これ本当に、不動産会社のありがたみを知る機会になります。
有料での購入でもこの手の費用は、売買金額に上乗せして支払うことになりますが、その場合何となくスルーできてしまうものです。
しかし無料で家が手に入る、と思ったらこういった費用がというのは、結構ショックを受けたりもします。
最初からこれも、予算に入れておくことをおすすめします。
そして何より、無料でも有料でも空き家を手に入れる、つまりかなりの期間人の住んでいなかった家に入居するわけです。
修理やリフォームにかかる費用も、しっかりと抑えておきたいですね。
空き家イコールすぐ住める、というわけではないのです。その点については、予め覚悟しておいてください。

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞