田舎暮らしと神奈川

田舎暮らしとしての神奈川

田舎暮らしというのは色々と方向性があるわけですが、そもそもどの程度の中にするのかということによってだいぶ違ってくることがあります。当たり前ですが田舎と言ってもレベルが色々とあるわけで神奈川県というところ自体がそもそもそれなりに発展している県でもありますので田舎暮らしにふさわしいところであるのかと言うとちょっと微妙ではあります。バスが1日に1本しかないようなところというようなレベルの田舎を想定しているのではないのであれば神奈川県自体はそんなに悪いことではないです。そこそこ発展している県といってもやはり田園風景が広がるようなところもあったりはしますし、そういうところで田舎暮らしをやってみるということ自体はある意味正しいというます。そもそもあたりまえなのですが様々なインフラなどが最低限は整っていないといくら田舎暮らしを楽しもうとしたところでそもそも住みにくい状況になってしまうということがあります。都市ガスである必要性はありませんが電気ガス水道は少なからず揃っているようなところにしなければならないわけです。これらが揃っていないところを想定して田舎暮らしと言っている人は決して多くはないでしょうが、まずはそこから検討してみることです。

どこがお勧め?神奈川県での田舎暮らし

神奈川というのは基本的に横に長い間になります。おおよそではありますが東の方がよく発展しています。ですから田舎暮らしをしようというのであれば西の方に行くということが一般的には多かったりしますが、例えば箱根のようなところでも悪いわけではありませんし、鎌倉の方に行ってやや郊外の方に行けば畑が広がる一般的な田舎をイメージするようなところで生活をすることができるようになります。あまりにも田舎暮らしということを意識し過ぎてしまうとどうしても本当に辺鄙なところに行ってしまうということがあります。一日二日滞在するのであればそれは問題は無いでしょうが老後に田舎暮らしをしようということになりますとそれなりに周辺に雪が降っている所にするという田舎暮らしであるのにも関わらずそれなりの施設を求めるという矛盾的な要素も出てきてしまうわけです。それは悪いことではないです。しかし、だからこそよく調べて神奈川県のどこの位置にするのかということを田舎暮らしをしようとする時には考えるべきとなるわけです。

割とお勧めできる神奈川県の田舎暮らしの場所

神奈川で最も栄えている地域と言いますと横浜になります。横浜はさすがに田舎とは言い難いところになってしまうわけですが例えば2番目に栄えてると言える川崎辺りであればそれなりに田舎風のところとしてそのことができるようになるところがあったりします。川崎の北のほうは割と山のようなところが多かったりするので田舎暮らし風の楽しみ方ができるようになっています。実際に田舎であるのかどうかということをどのような定義で自分が考えているのかということによっても変わってくることではあるのでしょうが、何も周りに人家がたくなければ田舎であるという定義だけで考えているというような人はいないでしょう。つまりは別に発展している都市の近くであろうと思う田舎暮らしのような形で老後のような時期に楽しんで生活をすることができるようにはなっていると言えるわけです。では肝心のどのようなメリットがそういうところにはあるのかということなのですが例えば大きな道路が通っているようなところにすぐに行けるようなところであれば病院などにも行くのにとても便利であるでしょうし、買い物などにも困ることはないでしょう。田舎暮らしはそれなりに素晴らしいことが多いです。また、多くの人がイメージしているであろう畑仕事なども川崎の北のほうには割と貸してくれる所が多くあったりします。ここでお勧めできるのはなにもわざわざ畑は買う必要はないということです。借りることでも十分に楽しむことができることでしょう。田舎暮らしには二つの方向性があると言えます。まだ若く現役世代と言っても過言ではない人が田舎に行ってきちんとした生計を立てて生活をするというパターンと老後に終のすみかのような感じでゆったりとした時間が流れているような感じのところで生活がしたいというようなパターンです。特に後者であれば畑仕事なども楽しみたいということはあるでしょうが買うと逆に処分する時に面倒ということがありますので、とりあえず田舎暮らしで畑仕事なども楽しみたいという場合においても買うということはやめておいたほうが良いことが多いです。前者である若者が田舎暮らしをして生計を立てようという時に畑をする時にメインの収入を畑にするという意識がある場合は別なのですがあくまで副業的にやろうとする場合においてもあまり不動産を購入するというのは避けた方が良い部分が多いです。

神奈川県は田舎暮らしに向いてるのか

神奈川県でも田舎と言われるようなところは探せばいくらでもあります。めいっぱい広がる田園風景とか山奥に建てられたログハウスのような家というのはなかなか難しい部分もあったりしますが畑仕事のようなことができるようなところはたくさんありますし、都市部のようなコンクリートが敷き詰められているような町並みではないようなところもものすごくたくさんあります。田舎暮らしというのに憧れていろいろと考えてみるというのは良いのですがあまり田舎という部分について極端に固定されたイメージで探さないようにするということがお勧めできます。田舎に滞在するというわけではないのです。少なくともそこに根を生やし生活をしていこうと考えている田舎暮らしをしたいという人はそれなりに便利な部分があるような町とか村にするということが実は長く田舎暮らしで安定した幸せを手に入れるためには求められることになります。

神奈川での田舎暮らしの費用

田舎暮らしをしたいというわけには色々とあるでしょう。精神的な面もあるでしょうし、そうではなくて資金的な問題とか生活費が安くなるからというような考え方もあるわけです。実際、それはよいことでもあります。少なくとも住宅に関するコストなどを見れば間違いなく田舎で過ごした方が安いです。物価などはどうなのか、ということですが周りで野菜がとれたりする場合などにはそれなりに安く購入できるという場所があったりはするのでしょうがそうではない日用品とか肉とか牛乳と言ったものは場所にもよるのでしょうがそんなに安く購入できるような田舎というのは多くなかったりします。北海道などであればその手のものが安く買えるところもあるでしょう神奈川県ということになりますとやはり地価が少し安いところで住めるようになる程度のメリットになります。ですがなんといっても神奈川県での田舎暮らしということになりますのでそこそこ町に近いところでも田舎暮らしフーが楽しめるということもあり、便利に田舎暮らしを行いたいという人にはお勧めできるというのは間違いないでしょう。費用に関しては借りるのか、買うのか、ということによってだいぶ違ってきます。費用は人によって削れるところもありますからなんともいえないことも多いですが少なくとも都心で住むよりは遥かに安く住むことができる部分が多いことは神奈川でもいえることでしょう。

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞