田舎暮らしと固定資産税

田舎暮らしに住む家は勿論必要だし餅屋なら固定資産税の問題も

できればリタイア後は田舎でのんびりしたいなあ、都会での暮らしに疲れたので田舎でゆったり暮らしたい、など田舎暮らしは昨今人気の的です。
また過疎に泣いている地方の町や村も、こぞって新規参入の町民村民を求めています。
互いの需要と供給が会っているのですから、これはもう田舎暮らし思い立ったら実行したいところですね。
でもまず決めなくてはいけないのは、どこに移住するかです。
自分の希望にあった、例えば海の近くにするのか山にするのかなど考えた上で、居住場所を決めなくてはなりません。
そしてある程度行きたい場所が決まったら、住処をどうするかが問題になってきます。これがなくては生活が始まりませんね。
移住者を求めている地方自治体では、この住居を提供したり、住居の斡旋をしたり、もしくは無償での提供もしてくれています。
移住希望地域の自治体に相談すると、この住む場所については結構紹介してくれるので、相談してみるのがおすすめですね。
勿論何度か足を運んで、実際にその地域の雰囲気とか、提供してくれる家や賃貸のアパートなどの雰囲気、修理の必要不必要などもチェックしておかなくてはなりません。
賃貸での住居なら、実はあまり問題がないのです。借りるだけなら本当に、都会に比べて段違いに安い家賃で暮らすことが出来ます。
まあ問題は、賃貸の物件自体が田舎の場合、あまり無いということですね。賃貸物件を見つけるよりも、一軒家を借りるか買うかが楽なんです。
都会ぐらしの人に比べると、なんと贅沢な話ではありませんか。
ただちょっと気になるのが、一軒家を買った時にかかってくる固定資産税ですね。

田舎暮らしの住処は一軒家だとすると固定資産税以外にも

一軒家、土地を購入して家を建てるのは、出来たら好みどおりに建ててみたいものです。
しかしできるだけ支出を抑えてのんびり暮らすが目的の田舎暮らしの場合、最初にこの支出を認めてしまうとそこで大きく予算が狂います。
なので、地自体や住人が提供してくれる家をそのまま借りるか買うかして、住むことになりますね。
こちらも借りるだけなら、特に問題ありません。安い金額で広い家が借りられるので、掃除は大変ですがゆったりと暮らせます。
まああれこれ修理とか、ちょっとした設備に最初お金はかかります。家主が全部希望に応じてくれるか、自治体から補助金が出るのかなど調べておきたいですね。
でもまあそれ以外は、特に問題なく月々の家賃だけの心配で暮らすことが出来ます。
それに正直、憧れてきたけどやはりここまで田舎だと暮らしていけない、等という場合も撤退しやすいのはこの賃貸ですね。
さてこれが、家を購入してとか、自治体などから無償提供されて、つまりは自分の持ち家になった場合は、ちょっと勝手が違ってきます。
実はこの家を手に入れるに際して、税金がかなりかかってくるものなのです。特に無償提供の場合、かなり支払い義務が出てきますので注意しなくてはなりません。
購入の場合は出てこない税金の支払いが、一時的にせよかかってきます。
最初にこれを把握しておかないと、無償での提供だから、ただで家と土地を手に入れられたと喜んでいると、落とし穴に落ちることもあります。
しっかりと無償提供の家については、そのあたりの勉強が必要です。固定資産税以外にも、結構あるのですよ。

田舎暮らしで家を無償提供された場合固定資産税以外にかかる税金は

まずは贈与税です。
無償譲渡とは言え、家と土地を贈与されたことに変わりはありません。贈与には税金がかかってくることは知っていても、無償提供の家にもというのは見落としがちです。
税額は時価、評価額にもよりますので一概にいくらとは言えません。
実際に田舎の場合、土地評価額は都会に比べて低いので、都会での相続に比べれば安く済むのは事実です。
しかしそれでも、それを知っているのと知らずにいるのとでは、覚悟が違ってきます、相続税の発生を忘れないようにして下さい。
次に問題になるのは、不動産取得税です。普通に購入するのは勿論、空き家や無償提供の家屋でも、これは適用されます。
ちなみにこれ、2021年の3月末までは軽減税率が適用されています。できるだけ安くと思っている場合、これを利用したいですね。
また土地が10万円未満、家屋が12万円未満の場合は非課税になります。いくら土地が安いと言っても、10万円以下というのはあまり無いことです。
しかし家屋の方は空き家になっていたりすれば、かなり評価が落ちていることもありますので、しっかりと確認して下さい。
また空き家を譲り受けた場合、土地と家屋の所有権移転登記が必要となってしまいます。その結果として、登録免許税がかかってきます。
これはまあそれほど大きな金額にはなりませんが、この手続をするために司法書士を頼むと、委託報酬の支払いが必要になるのも忘れないで下さい。
意外と無償提供の家というのは、最初の支出が多いものなので注意してその分のお金の取り分けもしておきたいですね。

田舎暮らしの持ち家の固定資産税

家を持っったらかかってくるのが、固定資産税です。勿論どんな田舎に暮らしていても、これは追いかけてきます。
これも気をつけておかないと、支出が多くなりますので注意が必要です。
都会で家を購入した場合、それほど広い土地もついてきませんし、家自体の広さもそこそこです。
2階建て3階建ても当たり前で、広さがないので上に伸びて居住面積を確保、と言うのが昨今の住宅事情です。
しかし田舎の場合、2階建ての家自体がまだ少ないところもあります。充分に面積が取れるので、平屋でも充分な居住空間が確保できるのですね。
脚にトラブルのある人や、お年寄りには優しい家の建て方です。
しかしそのために、広い面積の土地を使用することになります。その土地全部に、固定資産税がかかってくるのです。
家屋に関しては、古くなりすぎてすでに大した税金にはならない家もありますし、減価償却で本当にわずかで済む家もあります。
しかし土地に関しては、これどうにもなりません。毎年固定資産税がかかってくることを、忘れないでいて下さい。
また固定資産税は、住宅地や農地に関しては軽減措置が取られています。
なので、空き家の状態にしてでも、家が立腐れかけていても取り壊さない、と言う人がいるのですね。
農地も同じことで、仕事としての農業はその土地ではしていなくても、年に1回は作物を育てて農地であることを継続させたりしているのです。
田舎暮らしで家と土地を購入した時に、購入もしくは譲渡された土地が住宅地であることも、確認して下さい。
またついでにのように提供された土地が農地だった場合、これしっかりと使っていないと農地から外されます。
固定資産税に関することなので、毎年かかるものなので、支出の大きな一部を占めます。充分に確認することをおすすめします。

田舎暮らしの固定資産税は本来は

実のところ都会に比べれば、田舎の土地の評価額は当然低いです。
しかし田舎という土地柄、かなり広い土地でも住人にとっては当たり前、と言う感覚があります。
たとえとしては妙ですが、田舎の徒歩10分は実は30分ということわざがあります。
田舎に住んでいる人の感覚だと、しかも歩き慣れていると10分だけどそれ以外の人だと30分かかる、というわけですね。
感覚の違いは、どうしようもありません。
なので、少し土地付きだけどと言われた場合も、目で確認することが大事です。住人にとっては少しでも、こちらにとってはかなりの広さということもあるからです。
そしてその広さにかかるのが、固定資産税です。
支出を抑えてのんびり暮らそうと思ったら、固定資産税で苦しんでしまったということのないように、事前の調査確認良くしてくださいね。

追伸:
固定資産税等各種租税に関する情報は、国税庁ホームページ等の専門サイトをよくご確認下さい。

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞