田舎暮らしのメリット・デメリット

田舎暮らしは、メリットばかりではありません。

都会生まれで都会育ち、就職も結婚も都会でという人の場合、田舎暮らしに一度は憧れるものです。
狭い家に狭い道路、子供も伸びやかに遊ぶことのできない都会、こんなせせこましい場所から逃れて、のんびりした田舎で暮らしたい、そう思って当然ですね。
そのために日々努力して、理想の田舎を探している人も多いでしょう。移住がある程度具体的になって、家や仕事を探す人もいるでしょう。
海外に移住するよりもちろん、手間はかかりません。しかも今では、田舎に移住をすすめる自治体も増えてきました。
そんな各自治体はホームページで、移住を勧めてくれています。これなら簡単に決まりそう、と思ってしまいますね。
実際に、仕事や住まいを見つけることはある程度、ネット上でも出来ます。しかし実際に引っ越して、その場に住むとなるとそれだけでは充分ではありません。
他にも色々と、考えておかなくてはいけないこともあります。
つまり、田舎暮らしのメリットとデメリットです。ついメリットにばかり目が行ってしまいますが、メリットがあればデメリットも有るのが世の習いです。
両方をしっかりと把握して、田舎暮らしを実現させていきたいものですね。

理想の田舎暮らしは人それぞれ

とは言っても田舎で単に暮らすのか、それとも仕事を見つけてそれを軸に生活するのか、今持っている仕事をそのまま活かすのか、それによっても多少の違いは生まれます。
リタイア後に田舎でのんびりの場合、それこそ気候のいい暮らしやすい田舎で暮らすことが最もおすすめです。
ある意味、仕事という逃げ道がないので、そのコミュニティーに溶け込めないといささか、生活がきつくなることもあります。
自治体で移住を推進してくれていて、バックアップをしてくれる田舎を中心に選びたいですね。
こういったタイプの人の場合、一応時間に余裕はあるはずですので、これはと思った田舎を見つけたら足を運んで直接目で確認したいところです。

田舎暮らしの仕事事情

田舎で仕事をしたくて田舎暮らし、と考える人の場合道はいくつかに別れます。
その田舎の何かの会社で仕事をするのか、そこの特産のものを作る農業に転身するのか、そこで起業するのかですね。
どれも可能ですがまず、農業の場合早々は簡単には行きません。これまでせいぜい、プランターで青物を作っていたという程度では、やはり難しいです。
もし農業をとか、牧畜をという場合はそれなりの覚悟と勉強をしてからの田舎暮らしがおすすめです。
一旦移住した後で、やっぱり駄目だったというのは、遠慮したいですよね。そのための準備は十分にしてください。
田舎でなにかの会社に勤める場合、何より就職活動が必要です。また地域でまとまっている田舎のことですから、会社内でも溶け込むのが難しいこともあります。
ネットなどで探すだけでなく、現地に行って様子見をすることが大事ですね。
一方今持っている仕事、ネットで出来るような仕事を持っている場合、仕事に関しては面倒なく移住が出来ます。
しかしこの手の仕事だと、地域に溶け込むことが難しいのも事実です。都会で同じ仕事をしている時以上に、孤独を感じたりすることが多いですね。
こういった仕事持ちの人の場合、まずその地域に溶け込むための努力から始めたいものです。

田舎暮らしの交通事情

さて実際に田舎暮らしを始める際に必須のものと言えば、交通手段です。
これは都会に住んでいる人が忘れがちですが、バスが1日に数本とかいう地域もまだあるのです。そういう場所の場合、車の所持は必須です。
車での移動ができないと、それこそ買い物にも不便をします。また通学や通勤のためにも、車は必要になります。
田舎の場合、成人なら1人に1台の車、というのも珍しくありません。
仕事に行く人が乗っていってしまうと、その間は移動が不可能になってしまうのです。1人1台は、当たり前ということです。
なので特に、リタイア後の移住の人の場合はこの交通手段には要注意です。都会ぐらしでペーパードライバーだったりした場合、移住前にブラッシュアップが必要ですね。
加えて、家族の成人で免許を持っていない人の場合、最低でも原付免許とバイクの用意は移住前に必要です。
またお店もそうはありませんから、大型の冷蔵庫など用意しておきたいものですね。
地域の特産物を覚えておくと、それは割と手軽に手に入りますので、その点は安心です。

田舎暮らしの不便を「プラス」に?

こういった不便は実は、育児にはプラスになります。
都会にいればコンビニはいくらでもあり、寄り道もいくらでも出来ますね。また欲しいものはお店に並んで、誘惑してきます。
しかしお店自体も少なく、コンビニなどそうはない田舎なら、子供も健康に外で遊ぶしかありません。
幸い田舎では、あまり陰湿ないじめは無くて済みます。ガキ大将はいても、陰険にいじめてくる子供はあまりいないのです。
最初の珍しさが終われば、その後最も早く地域に溶け込めるのが子供です。
親同士の付き合いのおかげで、地域に溶け込めたという人もいます。伸びやかに子供育てが出来るというのは、田舎暮らしの最高のメリットです。
そしてまた大人も、無駄遣いが減るのが嬉しいところです。
お店があるのでつい要らないものまで購入というのは、都会住まいではよくあることです。
また日常の買い物でも、セールだからと必要ないものもまで買ってしまったということ、ありませんか。
小さな出費ですがこれも重なれば大きな出費になります。田舎暮らしならそういった無駄も、出来ないししなくて済みます。
田舎だから物によっては物価が高いのでは、と言う不安があるかもしれませんが、実際にはこういった無駄遣いがなくなる分、1ヶ月の出費は抑えられるのです。

田舎暮らしの利点=家賃の安さ

そして交通の便が良くないという点でかかる費用は、家賃の安さで相殺されます。
都会ではいかに法外な家賃を支払わされていたか、田舎暮らしで知ることが出来ます。
車を新しく、まあ中古などで購入しても、その後の家賃の安さでローンもカバーできていきます。住むところが安く住むというのは、何よりの節約にもなりますね。
やはり移住を推進してくれる自治体の場合、かなり安い家賃で家を提供してくれたり、支援制度で実質家賃が無料近くなるところもあります。
そういった点も踏まえて、移住先を調べておくのも手ですね。
ただ問題は、一応手を入れてくれているかもしれませんが、その住居自体にある程度リフォームが必要なこともある、ということです。
ここでもやはり1回は最低、足を運んで住まいとその周辺を見ておきたいですね。
実際に、行ってみたらすごい坂の上で登るのが大変と言う場合もあるのです。若い頃はいいけど、そのまま年取ったらこれはという住居もあります。
安いからだけでなく、写真で見るだけでなく、やはり自分の目で見て確認しておきたいものです。

田舎暮らしのメリット・デメリットのまとめ

メリット・デメリットを考えてきましたが、最も大きな問題を最後に確認しておきましょう。
何よりもまず心得ておきたいのが、何と言っても田舎の場合、地域に溶け込めるかが暮らしの快適さを決める最も大きなポイントになるということです。
自治体が移住を推進してくれていても、実際に地域の人と交流できるかが、最大のポイントになります。
今では都会では失われた、ちょっとお醤油がないの貸して、少し多めに作ったのでおすそ分け、隣で葬式だから手伝いを、がまだ生きているのが田舎です。
そこをしっかりとわきまえないと結果、時にネットでも話題になっていますが、村八分のような感じにならないとも限りません。
加えてその田舎での風習ややり方というのもが、厳然として存在します。そういった面は、都会人にはちょっと想像できない厳しさがあります。
田舎暮らしを決定する前に、その点をしっかりと確認したいですね。もしお試し移住があったら、やってみることをおすすめしたいです。

当社の田舎暮らしプロジェクトのご紹介

憧れの田舎暮らし実現へ、まずは「第一歩」。箱根で複数旅館を経営中の当社だからご提案できる、新しい「田舎暮らしの形」。

田舎暮らしプロジェクト【詳細はこちら】

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞