【田舎暮らしでこんなことしたい!】田舎暮らしの目的例

田舎暮らし。というと、最近は流行りのキーワードとして取りざたされています。
田舎暮らしに関する特集や記事など、いろいろなメディアでも注目され、田舎暮らしをするほうにも、受け入れる自治体などにもメリットがあり、まさに今流行りの社会的なムーブメントとなっています。
では、このような田舎暮らしをしたい!という方は、どのようや目的があって田舎暮らしをしたいと思うのでしょうか。
「田舎暮らしはこんなことが出来る!」ということがいくつかあります。
今回は、田舎暮らしをすればこんなことが可能になるという田舎暮らしの目的やプランをご紹介します。

田舎暮らしの目的1【田舎暮らしで快適住宅を!】

田舎暮らしの大きな目的の一つのなるのが住宅購入です。
都会では、何千万、高ければ何億とする新築、あるいは中古の住宅が、その何分の1、あるいは何十分の1で購入できます。
もちろん、必ずしも買わなければいけないというわけではないですが、賃貸などであれば、ほとんど無料に近いような物件があったり、場合によっては無料貸与という自治体もあります。
都会で手狭な住宅に高い購入費を出すのはバカバカしい、とても都会の高級住宅には手が出ない、頭金がない、そんなかたでも田舎の中古住宅であれば、予算内で購入することができます。
ですので、家族持ちの方は、住宅購入を機に田舎暮らしに方向転換をするのも一つです。
多くの住宅は、中古住宅ですが、改修などは自由にできるので、古民家を買って、モダンな雰囲気の住宅にアレンジしたり、庭を改修して自分の好きな植物を植えたり、いろいろな工夫ができるのも田舎の中古住宅の良いところです。

田舎暮らしの目的2【田舎で転職活動を!】

もしかすると、仕事を変えたい、一生涯出来る仕事を探している、という方はいないでしょうか?
そういった方は、田舎にそれが見つかるかもしれません。
田舎では就職先がない。と思われているかもしれませんが、そうとばかりも限りません。
田舎でも車で中心に通えるところはけっこうあるので、近くの都市へ通勤することは可能です。
あるいは、どっぷり田舎生活がしたければ、その地方の特有の仕事に就くことも可能です。

例えば、農業もその一つです。
地元の特産品などをつくる農家などに相談すれば、農家としてやっていくこともできるでしょう。

あるいは、地元の特産品などを作る職業につくことも可能です。
最近は、こういった地元産業の先細りを懸念して、そういう仕事の募集も増えていますので、地元の役場などに相談すれば、いくつか紹介してもらえるはずです。

三つ目は、田舎で何か事業を始めることも出来るでしょう。
田舎であれば、自営業などをするとしても、安いテナントや安い資金でスタートできるので、都会でお店を出したりするよりはずっと安く済みます。
昔から、自分のお店を持ちたかったという方が、田舎に移り住んで何かされている方も多いです。

四つ目は、サービス業などにつくことです。
田舎には、都会からの観光客を狙ったサービス業がいくつかあります。
ホテルなどもその一つですし、旅行業や観光業に関する会社やお店などもあるでしょう。
こういった仕事は、都会から移り住んできた人の視点が生かされるはずです。
自分もかつては客の方の立場だったので、その視点で外からのお客さんを誘うのにはどういったPRが必要か、販売戦略があるのかというようなことも思いつきやすいはずです。

田舎暮らしの目的3【田舎で子育てをしよう!】

もう一つ、田舎暮らしのきっかけとなるのが、子育てです。
多くのお子様をお持ちの方は、都会での子育てについて疑問を持っていたり、具体的に何か悩みをもっている人も少なくありません。
例えば、都会で待機児童が多く、預ける保育所がない、まわりに友達や親せきがいないので、一人で子育てをするのが不安だ、受験戦争など、これから将来を考えると、こんなところで子供を健康的に育てられるか心配だ、など、いろいろな疑問や悩みをもたれていることでしょう。
こういった方々がその疑問や悩みを解消する方法として、田舎暮らしがあります。

田舎暮らしの目的として、子供に良い環境を提供できることや、両親自身も子育てしやすい環境が田舎にはあるということなのです。
例えば、さきほど言いました待機児童の問題についても、田舎ではそもそも子供を預けなくても働ける可能性が高いです。
託児所があったり、なかには子供も一緒に連れてきていいというような職場もあります。
そして、地域のコミュニティーも連携が強いので、わからないことがあればなんでも近所の人や子育てサークルのようなところで相談にのってもらえたり、実際に子育てをサポートしてもらえます。
都会で子育てをするように孤独な気持ちになったり、周りに縁者がいないからといって、誰にも頼れないということはありません。

そして、子供が学校へ上がってからも、受験や凝り固まった高学歴志向などに流されることなく、自分たちの教育方針で、子供を育てていくことが出来るでしょう。
子供は田舎の自然に触れ、そのころしか体験できない貴重な体験をいくつかする中で、健全な成長をしていくことでしょう。
都会で育った子友達では到底出来ない経験を田舎でならさせてあげることが出来ます。
山や川で思いっきり遊んで、元気で健全なきょぅ育環境がある田舎育ちはまさに子育てにはもってこいです。

田舎暮らしの目的4【田舎で婚活をしよう!】

なかには、独身者の方もいると思います。
「家族持ちじゃないから、田舎移住はできない」そう思われているかもしませんが、そんなことはありません。

実は独身者の方の目的としては、結婚ということがあります。
もしかすると、早く結婚したい、理想の結婚相手を見つけたい、そう思っている方には田舎暮らしはまさにその目的を達成するための手段となり得るのです。

最近、“田舎で結婚相手をみつけよう!”とか“田舎で婚活!”なんていうイベントを見たことはないでしょうか?
こういうイベントは、現在、都会で働く方に人気があります。
都会で働く方は、結婚を機に田舎に移り住んでもいいという方も多いです。
実際に、都会の生活に疲れてしまったり、もともと田舎から上京したので、田舎生活には慣れている、あるいは、ずっと都会で生まれ育ってきたので、田舎生活に子供のころからあこがれてきた、そんな方がいるかもしれません。
そういった方には田舎の婚活は大変魅力的なはずです。

田舎での婚活は、自治体がお見合いイベントなどを開催していたりすることが多いです。
例えば、街コンなどがその一つで、都会からの街コン参加者も増えているといいます。
これに参加している地元の若者、あるいは結婚希望者の方は、皆さん真剣に結婚を希望されている方ばかりですので、都会で婚活をして、なかなかいい人に巡り会えなったという方でも的を絞って婚活が出来ることでしょう。
実際に、結婚を機に田舎に移住されるかたも多いのですが、
「田舎に住んで良かった」
「田舎は子育て環境が良いので、安心して子供を産むことが出来る」
「地元の人が家族のように温かいので、都会からまったく友達や知り合いがいない場所に移住しても寂しい思いをすることはぜんぜんなかった」
そんな声も聞かれます。
特に田舎の若者は、出会いがなくてこまっていて、自治体としても人口が減少することや、地元の産業が衰退してこまっているので、このような都会からの新しい方の流入は本当に大歓迎なのです。

当社の田舎暮らしプロジェクトのご紹介

理想の田舎暮らしの実現のために、まずは「第一歩」を。
箱根で複数旅館を経営中の当社だからご提案できる、新しい「田舎暮らしの形」。

田舎暮らしプロジェクト【詳細はこちら】

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞