埼玉での田舎暮らしについて

埼玉の田舎暮らしが人気上昇中

田舎暮らしというのが、最近は色々なところで取り上げられています。田舎暮らしには魅力がたくさんありますが、まず田舎暮らしをする前に一番重要なのが、住む場所をどこにするかです。田舎暮らしをしたいと思っても、そのための住む場所を考えなくてはいけません。

そんな事情が影響しているのか分りませんが、田舎暮らしをするのに人気な地域やおすすめな地域が特集されることも多くなっています。もし東京から離れて田舎暮らしをするのであれば、東京からなるべく近いところにしたいところです。そこで今、人気になっているのが東京の隣にある埼玉県です。

田舎暮らしとは別の住みたい街ランキングで、埼玉県の大宮や浦和が上位に入るようになっています。埼玉県の大宮や浦和辺りは、住みやすいということで今かなり注目されているのです。そしてさらに、田舎暮らしもできるのが埼玉県というところです。そういうことから、埼玉の田舎暮らしの人気が急上昇しているのです。

埼玉の田舎暮らしの魅力とは?

埼玉の田舎暮らしの魅力について説明すると、田舎暮らしの特徴やそれについての必要な基本事項を、ほぼ揃えていることが言えます。まず埼玉の西の方には秩父がありますが、あの辺りは自然の多さが有名です。山がありますし、綺麗なお花畑もあります。さらに滝もあれば狭山茶までもあります。田舎の自然が凝縮されたような場所となります。

東京の人から見ると、神奈川や千葉の辺りの自然や田舎暮らしに注目が集まりますが、なぜか埼玉の方には注目が集まりません。埼玉は過小評価されていると言えるでしょう。そして最近、過小評価されている事に人々が気づき始めて、徐々に埼玉とそこでの田舎暮らしに注目が集まっているのです。

他には、埼玉の田舎暮らしの魅力については、秩父の自然だけではありません。埼玉の東の方にも魅力はたくさんあります。埼玉の東の方では、広い平地と大きな川が目立ちます。広い平地と大きな川という事で、畑作業に適した場所だと言えます。畑を耕して農作業をすることは、田舎暮らしの大きな魅力の一つです。

埼玉の広い平地と川を利用すれば、色々な農業をすることができます。自然と農業という田舎暮らしの基本を抑えていることが、埼玉の大きな魅力の一つとなります。

埼玉の家や土地の値段について

埼玉で田舎暮らしをしたいと考えると、気になるのは家や土地の値段になるでしょう。田舎暮らしの特徴の一つには、家や土地の値段が安いということがあります。もし埼玉の家や土地が高いとなると、田舎暮らしの魅力が半減してしまいます。それについて簡単に説明すると、東京周辺の中では埼玉の家や土地はかなり安い部類に入ります。

東京周辺だと、どうしても多くの人は神奈川や千葉のあたりに注目してしまうようです。そのためか、神奈川や千葉の地価が上昇してしまい、埼玉は低いという傾向があります。しかしそこが逆に魅力となり、地価の安さから埼玉が田舎暮らしとしておすすめの地域になっているのです。

東京の西の郊外と埼玉の南部を比べると、東京都心部までの距離にそれほど変化がないのですが、なぜか埼玉南部の地価が低い傾向があります。そのような理由もあり、東京近郊で田舎暮らしを考えるのであれば、埼玉がおすすめになっているのです。

しかし注意点があります。それは埼玉の地価も少しずつ上昇している事です。すでに住みやすい街のランキング等で、埼玉の街が入ることが増えていますが、その影響なのか、埼玉の土地の価値は徐々に再評価されています。将来、何十年後かに埼玉で田舎暮らしを考えている場合、その頃には埼玉の地価がかなり上昇している可能性がありますから要注意です。

埼玉の田舎暮らしでの物件の探し方

埼玉で田舎暮らしをするときの物件の探し方について話したい思いますが、埼玉と一言で言ってもかなり広いです。かなり山奥のところもあれば、東京都心から近いところもあります。埼玉の田舎暮らしでは、何を目的にするかが重要になってきます。

もし山奥の自然が大好きなのであれば、埼玉北部などの山間部の物件を探すと良いでしょう。または、平地で畑を作りたいのであれば、埼玉南部の平地にある物件がおすすめになるかもしれません。埼玉は場所によって地域の特徴がバラエティに富んでいるのが、田舎暮らしをする上での大きな魅力になっています。逆に言うと、田舎暮らしの目的がはっきりしていないと、埼玉での物件探しはちょっと大変になります。

埼玉のベッドタウンも田舎暮らしに向いている

最近の埼玉の浦和や大宮辺りは、東京のベッドタウンという位置付けになっています。東京のベッドタウンであるならば、田舎暮らしには向いていないという声が多く聞こえそうです。しかし実は、埼玉のベッドタウンと呼ばれるところも田舎暮らしに向いている場所になっているのです。

もし浦和や大宮辺りで家を購入すると、庭がついてきます。東京でも家を購入すれば庭がついてきますから、それは当然の話なのですが、浦和や大宮辺りの家は庭がかなり広いです。小さい畑が十分に作れる庭が手に入ります。

東京の家は密集して建っているため、庭があっても日が差さずに畑を作る事には向いていないことが多いのですが、浦和や大宮辺りでは、家同士の距離が離れていて十分な広さの庭がある場合が多いです。家と家の間に大きな道幅の道路があり、家同士の距離が離れているので、隣家に気を遣うことをしないで畑仕事に没頭できます。

注意点としては、埼玉の浦和や大宮辺りでも最近は住宅街の開発が進んでおり、東京のような密集した住宅街が多くなりつつあります。埼玉で家を購入するときは、そうした状況を考慮しておくと良いでしょう。大宮の北部辺りはベッドタウンでありながら、田舎暮らしと畑作りに向いている地域になるかもしれません。

埼玉では田舎暮らしでも電車などの交通の便が良い

埼玉で田舎暮らしをしてみても、電車の駅などは遠くにありそうな気がします。住みやすくて田舎暮らしがしやすい住宅街があるのですが、交通の便が悪そうに感じます。これについては、最近はそうでもなくなってきました。まず浦和周辺では、もともとJRの駅などが近くに多くあります。

そして、大宮からはシャトルと呼ばれるモノレールのような電車が出ています。埼玉新都市交通伊奈線と呼ばれていて、1983年にできましたが、1990年に終点の内宿駅まで開通しました。これにより、大宮北部の交通はかなり便利になりました。シャトルは東北・上越新幹線の路線の横を走っているのです。

以前のJRの駅しかない状況から比べると、さいたま市の大宮北部は車がなくてもかなり交通の便が良くなっています。交通の便が良い状況で田舎暮らしができるという、かなり魅力的な地域となってきています。

埼玉の田舎暮らしと農業と将来

あまり世間では知られていないかもしれませんが、埼玉ではネギの生産量が日本一となっています。他には、ほうれん草や里芋も1位であり、埼玉の農作物はもっと評価されても良いでしょう。そして小松菜も日本一なのですが、小松菜は東京都心から近いさいたま市でも栽培されています。

田舎暮らしと農業を考えた場合、埼玉はかなり魅力的な場所となるでしょう。あとは、埼玉は日照時間が日本全国で1位となっています。日光を浴びることを考えると、埼玉での生活はかなり体に良さそうです。そして、農業をするには最適であるとも言えます。このような情報を考慮すると、埼玉は農業をしながらの田舎暮らしにかなり適していそうな気がします。

ですが、埼玉というところはまだまだ一般に知られていない部分が多そうです。埼玉は様々な田舎暮らしのやり方に適していそうに感じます。東京の隣ですから、まずは気軽に埼玉に遊びに来てから田舎暮らしについて考えても良いでしょう。

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞