田舎暮らしと生活費

田舎暮らしの生活費が都会と大きく違うのは家賃の安さ

田舎暮らしの生活費が都会と大きく違う点をまず挙げるなら、家賃の安さに他なりません。もちろん田舎の住宅すべてが安いわけではないですし、物件次第なのは都会も田舎も変わりないです。物件によっては都会とそれほど変わらない家賃設定になっていることもありますし、新築マンションに住んだりすれば家賃はそれ相応になります。物件選びによって、家賃は大きく変わります。

ですがいかにも田舎暮らしにふさわしい物件を選んで住めば、生活費における家賃の割合をグッとおさえることが可能です。たとえば人口流出の激しい田舎では、空き家を活用して住めるようにしていることがあります。田舎の空き家ですから都会とはまったく異なった家賃設定になっており、それなりの広さや生活しやすさが整った物件にもかかわらず家賃を安く設定していたりします。あくまで空き家ですから、新築のようにピカピカとした家ではないかもしれません。設備的にみてもところどころ傷んでいたりするなど、パーフェクトな状態の家ではないことが多いです。ただそれでも住むのに困るような状態ではありませんし、住宅へのこだわりが特別強くなければまったく気にならずに住めます。むしろ「築何年の味わいある家に住んでこそ田舎暮らしを満喫できる」と考えている人は、住むのに不満を感じずなおかつ家賃も安いというのですから、生活費の中で家賃が悩みの種にはなりにくいです。

移住して田舎暮らしを始めるなら最初にどんな家を選ぶのかにもよりますが、その時点で「家賃が安いことに徹底してこだわる」気持ちを持っていれば、生活費の中で家賃の割合を下げることはできます。都会よりも住みやすい物件でありながら家賃をおさえられるのですから、家賃が安いのは田舎暮らしのお金に関するとても大きな魅力ですよね。

田舎暮らしは工夫すれば生活費の中の食費をおさえられる

田舎暮らしを始めればとにかく食費が安くなるというほど甘いものではありませんが、工夫さえすれば田舎暮らしはやはり食費が安くなりやすいです。食事は言うまでもなく毎日のことですから、コンスタントにお金がかかりますよね。毎日コンスタントにお金がかかるということは、食費は生活費に大きな影響を及ぼします。生活費を削りたいのであれば、食費を無視して考えることはできません。

たとえ田舎暮らしでも都会と同じような食材の買い方をしていたら食費の削減は実現できませんので、田舎であることを活かした食材の買い方をしないといけません。たとえば田舎には道の駅や農産物直売所など、採れたての農作物を売っている場所をみつけるのが難しくありませんよね。それらは直売ゆえに販売価格が値下げされる傾向にあるので、かなり安い掘り出し物をみつけるのが難しくありません。しかも安くて新鮮なのですから、質がとても高いです。スーパーで買うより安いこともあります。これの直売所を利用すれば食費を安くおさえられますよね。

また田舎で土地があることを活かして家庭菜園に精を出せば、さらに食費をおさえることもできます。安くするためにはどうすればいいのかを工夫すれば、生活費の中の食費はだいぶ節約できますよ。

田舎暮らしの生活費と日用品の買い物について

田舎暮らしの生活費と深く関係してくるのが、日用品の買い物ですよね。1つ1つは大きな出費にならないものの、日用品の買い物は定期的にあるものですから上手く節約しないと生活費を地味に圧迫してしまいかねません。せっかく田舎暮らしをして家賃や食費の節約ができているのに日用品の買い物が高くついたのでは、もったいない印象が強いですよね。ですから日用品の買い物をいかに安くできるかが、生活費をおさえられるかどうかに関係してきます。

そこで注目したいのは、田舎ならではのロードサイド型の激安店です。広大な土地を誇る田舎は店舗の大きなスーパー、ホームセンター、専門店などが珍しくありません。大きな店舗に大きな駐車場のあるお店は、田舎ではおなじみの光景ですよね。それらの激安店を有効活用することで、田舎暮らしの日用品を安く買えます。田舎へ引越す時にお店をチェックしておけば、買い物で困らないですよね。

田舎暮らしの生活費における水道光熱費はどうなのか

田舎暮らしの生活費において水道光熱費はいったいどうなのか、田舎暮らしするなら気になるところですよね。これは各自治体や契約事業者によってそれぞれ異なりますので、一概にお得になるといえるわけではありません。このあたりは今までの常識にとらわれるのではなく、何かしら安くできる方法があるのではないかと田舎暮らしを始める前に一呼吸おいて考えたほうがいいですよね。

たとえば電力やガスの自由化によって新しい事業者を選べるようになっているのですから、田舎暮らしをする時は今までの契約事業者からの変更を検討してみてもいいのかもしれません。これらはとても重要な変更になりますのでわずかな値下げだけを理由に変更を検討するのではなく、慎重にならないといけないです。ただ生活費において水道光熱費はやはり大きなポイントにはなりますので、納得できるような契約をしないと住み始めてから後悔してしまう恐れがあります。

いくら田舎とはいえ、水道光熱費がまったくかからないわけではありません。それだけにどのような契約にするのかで、毎月の支払い額は変わってきます。今は通信費等とすべてあわせてセット割のプランを提案している業者もありますので、どのような契約にするのかは慎重な検討が必要ですよね。田舎暮らしの生活費における水道光熱費は、住み始める時にしっかり熟考して契約するかどうかで支払い額が違ってきますよ。

田舎暮らしの生活費で無視できない自動車に関係する費用

自動車なしで生活できる田舎暮らしもまったくないとは言い切れないものの、田舎暮らしするなら普通は必要になるのが自動車です。電車移動やバス移動だけではどうしても不便に感じてしまいますので、自動車は買うことになる可能性が高いです。ただ自動車を買えば、自動車の維持費が生活費としてかかってきますよね。自動車を動かすためのガソリン代はもちろんのこと、手入れするための洗車代、状態をチェックするための車検代、税金の支払い、自動車保険料、故障したり傷ができれば修理代など、自動車関連の費用を挙げれば枚挙に暇がありません。

たとえ中古の軽自動車を買って初期費用をおさえたとしても、自動車に乗り続けたければ上記のような費用がかかります。生活費にかなりの影響を及ぼすのは想像に難くありませんので、自動車に関係する費用をいかにおさえられるかが生活費の削減につながると考えて差し支えありません。自動車に関係する費用を少しでも安くしたいならガソリン代の節約や自動車保険の見直しをするなど、安くするための努力をしないと生活費が圧迫されてしまいますよ。

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞