田舎暮らしのストレス

田舎への移住は、様々な理由があると思います。進学や結婚、田舎への憧れの生活を求めての移住、都会での生活に疲れてしまっての移住など思いは様々だと思います。しかし、現実と理想のギャップでストレスを抱えることがあるというのも事実です。田舎へ行けば行くほど現実と理想のギャップを感じることが多く、ストレスは大きくなります。田舎でのせっかくの新生活を負の感情にしてほしくはありません。田舎暮らしを始める前に、どのような問題があるのかなどストレスを感じる要因をお伝えし田舎での暮らしを理解し、失敗しない移住にしていただきたいと思います。

田舎暮らしのストレス1「移動手段は車が不可欠」

都会に住んでいると、自家用車を使うことが多くはないと思います。電車移動や徒歩などすぐ行ける範囲で目的地にたどり着ける環境なのではないでしょうか。交通機関が発達した都会では自分で運転する機会は少なく、免許自体持っていない方がいるかもしれません。しかし、田舎へ行くほど交通機関は発達していません。そのため、車を持っていないと移住して一番に移動の問題に直面します。車がなければ、生活できないと言っても過言ではありません。田舎での生活を望むのならば、免許を持っていること、車の購入が必要となります。また、ドライバーの高齢化問題も近年では問題化されている中で、車が必須な田舎では、高齢者の運転率も高くなります。田舎での生活をしていく上で切り離せない問題です。自分が高齢になったときなど自分の移住年齢に応じた考えも必要となります。

田舎暮らしのストレス2「店がない」

近年では、24時間営業のスーパーやコンビニが急激に増加し、そのような店が身近にあるのが当たり前の生活になっています。しかし、田舎へ行くとスーパーなどの店の数も少なく、田舎へ行けば行くほどそのような店自体がないという現実にさしかかります。毎日の生活の中で買い出しに時間を費やすことになり、場所によっては買い出しだけで半日を要する可能性があります。買い物回数を減らそうと、まとめて買うにも大荷物になり重労働です。また、欲しいものがすぐに手に入らないなどの品揃えの少なさに不便さを感じることも多くなるでしょう。上記でも述べたように車がないと買い出しにいけないという問題にも直面します。自給自足に憧れ、田舎へ移住する人もいると思いますが、生活していく上で、何かしら店を利用することは出てきます。その時に急きょの対応ができない不便さを強く感じる可能性があります。
また、店が少ないということは、働き口も少ないという問題も見えてきます。田舎では自営が一番の働き口というの場合が多いということを理解する必要があります。

田舎暮らしのストレス3「息抜きできない」

急激な環境の変化にはすぐに慣れることはできません。変化には少なからずストレスはついてきます。初めは我慢できたストレスも、積もり積もれば、抱えきれないものになります。カラオケや買い物をする施設、スポーツ施設などの娯楽施設が充実していないため、ストレス発散場所を確保できずに精神的余裕を保てなくなる可能性が十分にあります。娯楽施設がない中で精神的に発散できる確保が必然となってきます。時間の有効な使い方が重要です。自分が主体ということを忘れないでください。

田舎暮らしのストレス4「出費が多い」

田舎暮らしに慣れれば、出費は少なくなるでしょう。しかし、田舎の生活に慣れない間は、ガソリン代などの移動費や寒さから身を守るための暖房費、また、台風などの自然の脅威を諸に受ける可能性が強いため、それにかかる自宅修繕費など出費が多くなる可能性があります。また、農作物をするのであれば、自然の脅威から守るための費用も別途必要になってくるでしょう。ここで移住前はどれだけ便利な生活を送っていたかということを思い知らされ、ストレスを強く感じるでしょう。慣れない間の田舎暮らしは、都会では必要なかったものなどへの出費がかかることを理解しておく必要があります。

田舎暮らしのストレス5「人間関係」

これはストレスを感じることに対して一番大きな要因になるでしょう。田舎では近所付き合いが密で、近所との繋がりや団結が強い場合が多いです。そのため、新しい人間には警戒する傾向にあります。出来上がった人間関係の中に入ることは簡単ではないです。うまく溶け込めれば、それだけで慣れない生活をしていく上で気持ちが楽になりますし、何かあれば助けてくれる存在にもなります。しかし、うまく溶け込めなかった場合、田舎生活をしていく上で大きなリスクを背負う場合があります。都会では近所付き合いがなく、マンションでも隣に誰が住んでいるか分からないという人間関係の希薄さが社会問題として取り上げられることがありますが、そのような生活に慣れている人は要注意です。田舎は近所付き合いは必須事項です。まずは自分が住んでいた場所での生活が当たり前に思わず、常識の違いを知ることが重要です。

田舎暮らしのストレス6「当たり前が通じない」

プライバシー保護の意識が都会ほど強くはない可能性が高いです。よく言えば見守り、悪く言えば監視と感じることがあります。窮屈な感情を持つつ可能性高いです。狭い集落なら尚、プライバシーのなさを強く感じる行動を見ることが多いでしょう。良かれと思ってしてくれたことも、ありがた迷惑と感じることがあるかもしれません。しかし、そんな中でも見られているんじゃないかという気の抜けないプレッシャーを感じ、それだけで大きなストレスを感じることになります。それまでの生活で違ったことをすれば、すぐに近所での噂が広がります。それまでの生活を変えることは難しく、また容易ではありません。そのために感じるストレスは大きなものになるでしょう。

田舎暮らしのストレスについて、打たれ弱い人は特に注意を。

よく言えば、繊細で傷つきやすいですが、悪く言えば、ネガティブで人に頼る傾向が強いです。このような人は、負の感情に陥る可能性が非常に高いです。都会暮らしでも田舎暮らしでもどちらにも言えることですが、自ら行動を起こさなければ、状況は変わりません。上記でも説明しましたが、これまでの生活を変えることは難しく、新しい生活への適応は簡単できるものではありません。まずは、自分の性格を理解することが、生活環境を変える第一歩です。

田舎暮らしのストレスまとめ

以上、挙げたことが田舎へ暮らす上でのストレスの要因だと考えられます。挙げたものを個々で見ると、田舎で暮らすことは難しく感じるかもしれませんが、それぞれの要因がそれぞれに起因しています。上記で挙げたどれか一つでも解決の糸口が見えれば、新しい環境に馴染め始めた証拠です。
生活が便利になってきたことで、自然と共存した生活や昔の生活環境に憧れを持つこと、また忙しい日々の中でスローライフに憧れを持つことが誰にでもあることです。これまでの自分の知らない世界へ憧れを持つことは素敵なことです。しかし、今の便利な生活の中でもストレスを感じることはあると思います。仕事、恋愛、人間関係…それぞれにたくさんのストレスを感じる場面はあります。しかし、そんな中でも生活できているのは、自分の居場所を少なからず見つけれているからだと思います。自分の居場所が分からないと言う方もいるでしょう。居場所を求めるのは、理想と現実との差が大きいからだと思います。上記で挙げたことを知ったことで、ストレスを軽減できればありがたいです。田舎生活での居場所を感じ、憧れの生活に繋げられたらと思います。

当社の田舎暮らしプロジェクトのご紹介

理想の田舎暮らしの実現のために、まずは「第一歩」を。
箱根で複数旅館を経営中の当社だからご提案できる、新しい「田舎暮らしの形」。

田舎暮らしプロジェクト【詳細はこちら】

About the Author|田舎暮らしプロジェクトとは

田舎暮らしプロジェクト
田舎暮らし情報専門メディア、田舎暮らしプロジェクト。
田舎暮らしに関する基礎知識から、田舎暮らし体験談まで、幅広いコンテンツを提供しています。

-田舎暮らしプロジェクトのメディア掲載歴-
※一部、および、順不同
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・excite.ニュース
・楽天Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SankeiBiz
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・徳島新聞Web
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞